医師への不満を相談する場所

医師に言いたいこと

医師への苦情はカウンセラーへ

入院していたり外来で通院していたりすると、医師への苦情が出て来る場合がありますが、そんな時、なかなか、患者は直接言いづらい立場にあることが多いものですので、我慢をして引き続き診てもらうこともあります。そのために、病院のトップである院長に相談することもあるでしょうが、多忙であったりその病院の体質が根本的に変えられなかったりするので、すぐには、改善をしてくれないことも珍しくありません。しかし、そんな間でも患者にとっては、すぐにでも改善して欲しいという希望があるわけです。そんな時に役だつ存在が、院内にいるカウンセラーです。このカウンセラーは、医師への苦情を直接言えない患者の声を汲みあげることも仕事の一つです。ですから、悩みや困りごとがある場合には、カウンセラーに相談をしてみましょう。中立的な立場で相談に応じてくれるので、患者にとってどこへ訴えて良いのか分からないとか、困っている時にも力になってくれます。

苦情がある場合の対処方法

身体の具合が悪い時や、また、診療検査などにおいては医師の診断を受けることになります。そのような時に、なかなか意思の疎通が図れない、また親身になって対応をしてくれない場合など、苦情を申し入れたくなる場合があります。担当医に直接申し入れをするのも勇気がいることでもあり、看護師に行っても効果はなかなか感じることができません。医療機関に意見がある場合には効果的な順序があり、それを知ることは医者にかかる上においても参考になります。まず、該当病院の担当係に行います。ある程度の医療施設であれば対応をしてくれる部署が設けてあり、その活用が一番分かりやすい方法です。また、総合的に管轄を行っている事務長への申し入れがあります。他に、施設の管轄を行っている保険センターや医師会の活用もありますが、以上においては概ね、病院よりの判断となってしまい、あまり真剣に取られない場合もあります。次に各都道府県の医務課を活用する方法がありますが、やはり一番の効果的方法は厚生労働省への苦情の申立てです。各都道府県には厚生労働局がありますが、直接、霞が関へ申立てをしても丁寧に対応をしてくれますので問題はありません。

↑PAGE TOP